メインメニュー
お知らせ
定時制の紹介
学校生活

2018年7月4日(水曜日)

よろこびのうた探訪

カテゴリー: - teiji04 @ 12時02分09秒

 ホームページ更新担当のKです。本日は、ドイツ村公園にある石碑を3つ紹介します。

ドイツ人慰霊碑 ドイツ人合同慰霊碑

 左の写真は「ドイツ兵の慰霊碑」といい、収容所で生活していたドイツ兵たちが、収容所で亡くなった仲間の霊を弔うため、1919(大正8)年に建立したものです。なお、「よろこびのうた」の中でスペイン風邪が流行するシーンがありましたが、記録によれば治療薬を製造していて、スペイン風邪で亡くなる人はあまりいなかったそうです。

 右の写真は「ドイツ人合同慰霊碑」といい、こちらも収容所で亡くなったドイツ兵の霊を弔うものですが、1976(昭和51)年にドイツ連邦共和国政府の委託により、ドイツ国民慰霊祭の日(11月14日)に建立され、ドイツ総領事および鳴門市長によって除幕されました。

 これら2つの慰霊碑は、地元の方によって管理されています。

友愛の碑

 最後は、「友愛の碑」です。鳴門市とドイツとの友好の証として、1978(昭和53)年に建立されました。「友愛」の文字の下に刻まれたドイツ語「FREUNDSCHAFT」は「フロインドシャフト」と読み、こちらも「友愛」という意味です。

 本日はここまで。明日は、ドイツ村公園の北方に建設された鳴門市ドイツ館を紹介します。


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

外部リンク

Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project